IoT, AIの実践

 モノのインターネット(Internet of Things, IoT)は、今までのようにスマートフォンを含むPC機器がインターネットに繋がるだけでなく、センサーなどの設備や家電などもインターネットに繋がり、情報交換によりより多様なデータを収集したり、相互に制御する仕組みです。

 AIの厳密な定義はまだ定まっておりません。各社がそれぞれの定義を設けているというのが現状ですが、人間の脳が行っている作業をコンピューターで模倣したソフトウェアや士システム、といえるかと思います。具体的には、五感を通して得たデータから行う画像や文字の認識や、過去データを解析しスケジューリングを行う、といったものがあります。

 レッドペンギンでは、各社が提供するAI技術の活用と定義しています。

 AI技術の活用には、データが必要になります。IoTによりデータの収集がより容易になりました。AI技術をビジネスに活用する敷居が非常に下がりました。

Azure IoT Suite

 クラウドベースのIoTです。既存の資産をより簡単につなぎ、クラウドの力を使って IoT の成果を早く実現できるようになっています。

 弊社ではより適したIoTの実現のため、御社の要望、機器やシステムの構成を確認し、より低価格に実現する構成などを提案し実現します。



ネットワークカメラの活用

 ネットワークカメラを通して、来客やスタッフが誰か、感情、顧客属性などを認識します。顧客の属性情報の収集をより低価格・低コストで実現する。顧客情報と連携することで、お客様へのきめ細かなサービスを支援する、といったことが可能になります。